ホーム > 取扱分野 >  交通事故 >  保険会社の対応に不満のある方へ

保険会社の対応に不満のある方へ

このようなお悩みはありませんか。

  • 保険会社からの電話対応で、昼休みがつぶれてしまった。
  • 納得の行かない過失割合を提示された。
  • 事故以来、病院に通っているところ、そろそろ症状固定ですね、と言われて、治療費の打ち切りを示してきた。
  • 示談を提案されたが、このまま応じてよいのか不安である。

アクシアム法律事務所の特徴

交通事故に遭い、ケガをしてしまった場合、病院に通うことになり、治療費がかかります。また、その期間、仕事ができないので、休業損害が発生します。また、痛い思いをしたのですから、慰謝料も発生します。

しかし、残念なことに、保険会社は、あなたが被った損害を十分に支払ってくれるとは限りません。保険会社は、多数の保険加入者から払い込まれた保険料を運用し、それを交通事故被害者の保険金の支払いに充てています。しかも、保険会社は、自動車保有数の減少による加入者数の伸び悩みや、競争の激化にさらされており、少しでも多くの会社の収益を上げるため、被害者に支払う保険金を少額に抑えたいと考えています。

大変残念なことですが、保険会社は、交通事故の被害者が十分な知識がないことをいいことに、裁判所が交通事故の損害として当然認めてくれる慰謝料や、後遺症が残ってしまった場合の減収分(これを「逸失利益」といいます)などについて、それを大幅にカットした示談の提案をしてくるのが通常です。
被害者の方は、交通事故によって心身ともに大変な苦痛を負われたにもかかわらず、本来支払われなければならないお金があることを知らないまま、示談書にサインしてしまうのです。そのような示談書に一旦サインしてしまうと、もう取り返しがつきません。

保険会社や、保険会社側の弁護士は、それぞれ多数の交通事故案件を扱ってきたプロです。そのようなプロと直接に交渉して、きちんと自分に有利な結果を勝ち取ることは非常に困難です。
アクシアム法律事務所にご依頼いただければ、その後の保険会社との対応はすべて、交通事故案件に経験豊富な弁護士が行います。

TOP