ホーム > 取扱分野 >  遺言・相続 >  遺言・相続の弁護士費用

遺言・相続の弁護士費用

弁護士費用には、着手金と報酬金があります。
着手金は、事件をご依頼いただくときにお支払いいただく費用です。もっとも、着手金をお支払いいただくことが難しい場合には、着手金を無料として、報酬金を上乗せさせていただくプランもご用意しております。
報酬金は、事件が終了したときに、得られた金銭について、一定の割合でお支払いいただく費用です。

1 法律相談料

30分あたり5,000円(税別)

2 遺産分割調停事件・遺留分減殺請求事件

(1)着手金

請求金額が300万円以下の部分 請求金額の8%(税別)
※ただし、15万円を下回らないものとする
請求金額が300万円を超え、3,000万円以下の部分 請求金額の5%(税別)
請求金額が3,000万円を超え、3億円以下の場合 請求金額の3%(税別)
請求金額が3億円を超える部分 請求金額の2%(税別)

(2)報酬金

得られた利益のうち、300万円以下の部分 得られた利益の16%(税別)
※ただし、20万円を下回らないものとする
得られた利益のうち、300万円を超え、3,000万円以下の部分 得られた利益の10%(税別)
得られた利益のうち、3,000万円を超え、3億円以下の場合 得られた利益の6%(税別)
得られた利益のうち、3億円を超える場合 得られた利益の4%(税別)

3 遺言書作成

定形の遺言の作成費用は10万円からとなります。
遺言の内容についてご相談を伺い、作成すべき条項により費用のお見積りを取らせていただきます。
また、相続人や相続財産について調査が必要な場合、10万円を目安として、事案の複雑さに応じて別途の費用をいただきます。

TOP