ニュースリリース

2016年11月

高木啓成弁護士が、飲食店での生演奏の法的問題に関し取材を受けました。

日本音楽著作権協会(JASRAC)が静岡市の飲食店の経営者らに賠償を求める裁判を静岡地裁に起こした件で、高木啓成弁護士が、「演奏権」の内容や、著作権の侵害主体を規範的に捉える「カラオケ法理」などについて解説しました。

 

飲食店での生演奏の法的問題に関して https://www.bengo4.com/other/n_5376/

  2016/11/14   アクシアム法律事務所
タグ:取材