借金問題

イメージ画像

アクシアム法律事務所では、消費者金融やクレジット会社に多額の借入がある方の借金問題を取り扱っています。
また、消費者金融やクレジット会社からの借入を、すでに支払い終えた方の過払金のご相談もお受けしています。

  1. 現在、消費者金融や信販会社に借入がある方→「1.現在、借入がある方」へ
  2. 既に支払い終えた方→「2.既に借入金を返済し終えた方」へ

1.現在、借入がある方

今、消費者金融や信販会社に多額の借入があって、お困りではありませんか。
もし、あなたが、長年にわたって消費者金融や信販会社に借入がある場合、消費者金融や信販会社の借入が減額され、場合によっては、借入がなくなり、お金が戻ってくる可能性があります。
といいますのは、数年前は、消費者金融や信販会社は、法律で定められた上限を超えた金利を取っていたため、法律上の金利を超えた部分を、現在の借入に充てることができるためです。
ですので、昔から、消費者金融や信販会社からお金を借りていたという方は、弁護士に依頼するメリットが非常に大きいといえます。
ぜひ、アクシアム法律事務所にご相談ください。

(1)借金問題を解決する手続

まずは、アクシアム法律事務所が、あなたと消費者金融・信販会社との取引(借入と返済)を調査します。
これにより、あなたの借入金がなくなり、それどころかお金が戻ってくるという状態になっていることがあります。これを「過払金(かばらいきん)」といいます。
過払金が発生している場合には、消費者金融・信販会社に対して、過払金を支払うように交渉を行い、場合によっては訴訟を提起して、支払を強制します。
過払金は発生しておらず、借入金が残ってしまう場合、これを解決する方法は、3種類あります。
まずは、弁護士と貸金業者との間で支払についての交渉を試みます。これを「任意整理」といいます。
任意整理が困難な場合、裁判所の手続を採ります。裁判所の手続は、「破産手続」と「個人再生手続」の2種類があります。

ア 任意整理

任意整理は、裁判所を利用せず、弁護士と貸金業者との間で借入金の支払についての交渉を行う手続です。
弁護士は、貸金業者との間で交渉を行い、あなたにとって無理のない返済計画を作成します。
基本的は、借入金の元本を、36回〜60回分割で返済することになります。
ですので、あなたが、借入金の元本を36回〜60回分割で返済することが可能な場合、この方法を利用します。

イ 破産手続

破産手続は、あなたが、任意整理では借入金の返済を行うことができない場合に、財産を手放すことの代わりに、借入金を支払う義務がなくなるという手続です。
財産については手放すことになりますが、家財道具や、古い自動車などを手放す必要はありません。20万円以上と評価される財産のみ、手放すことになります。
なお、警備員や保険の外交の職業の方は、その仕事を続けながら破産手続を行うことができませんので、個人再生手続を利用することになります。

ウ 個人再生手続

個人再生手続は、借入金を最大10分の1までに圧縮し、圧縮された借入金を、原則として3年間で返済するという手続です。
破産手続の場合は、20万円以上と評価される財産は手放す必要がありますが、個人再生手続の場合、手放す必要はありません。ですので、どうしても手放したくない住宅をお持ちの方などが利用する手続です。
また、警備員や保険の外交の職業の方も、個人再生手続であれば、仕事を続けながら、手続を進めることができます。
ただし、個人再生手続は、住宅ローンを除く借入金が5000万円以下であること等の一定の制限があります。

(2)弁護士費用

弁護士費用には、着手金と報酬金があります。
着手金は、事件をご依頼いただくときにお支払いいただく費用です。もっとも、ご収入の関係で着手金をお支払いいただくことが難しい場合には、着手金を無料として、報酬金を上乗せさせていただくプランもご用意しております。
報酬金は、事件が終了したときに、得られた金銭について、一定の割合でお支払いいただく費用です。

ア 法律相談料

初回の法律相談(30分) 無料
2回目以降の法律相談   30分あたり5000円(税別)

イ 過払金返還請求

着手金          なし。ただし、訴訟を提起する場合は、1社あたり4万円(税別)
報酬金          得られた金銭の20%(税別)ただし、訴訟を提起して過払金を回収した場合は、25%(税別)

ウ 任意整理

着手金          1社あたり4万円(税別)
報酬金          もともとの借入金が減額された差額分の10%(税別)

エ 破産手続

着手金          25万円(税別)
※個人事業者や法人は除きます。
報酬金          なし

オ 個人再生手続

着手金(住宅ローンがない場合) 30万円(税別)
着手金(住宅ローンがある場合) 40万円(税別)
※個人事業者や法人は除きます。
報酬金             なし


2.既に借入金を返済し終えた方

過去に、消費者金融や信販会社に多額の借入があった方はいらっしゃいませんか?
全ての借入金を支払い終えた方であっても、過去に消費者金融や信販会社から借入があった場合は、お金が戻ってくる可能性があります。
といいますのは、数年前は、消費者金融や信販会社は、法律で定められた上限を超えた金利を取っていたため、法律上の金利を超えた部分は、返還しなければならないのです。
このようにして戻ってくるお金のことを「過払金(かばらいきん)」といいます。
ですので、昔から、消費者金融や信販会社からお金を借りていたという方は、弁護士に依頼するメリットが非常に大きいといえます。
ただし、過払金には時効があります。消費者金融や信販会社と最後に取引を行なってから10年が過ぎると、過払金を返還してもらうことはできなくなります。
ぜひ、お早めに、アクシアム法律事務所にご相談ください。

(1)過払金の返還の手続

まずは、アクシアム法律事務所が、あなたと消費者金融・信販会社との取引(借入と返済)を調査します。
消費者金融・信販会社は、あなたとの取引について、「いつ、いくら借りて、いくら返したのか」という取引のデータを持っていますので、あなた自身が過去の資料をお持ちでなくても大丈夫です。
そして、アクシアム法律事務所は、その取引のデータから、過払金の金額を計算して、消費者金融・信販会社に対して、過払金を支払うように交渉を行います。
消費者金融・信販会社は、過払金の支払いを拒んだり、「5割なら支払う」というように減額を要求することもあります。その場合、アクシアム法律事務所は、あなたとご相談のうえ、訴訟を提起して、支払を強制することもあります。

(2)弁護士費用

弁護士費用には、着手金と報酬金があります。
着手金は、事件をご依頼いただくときにお支払いいただく費用です。もっとも、ご収入の関係で着手金をお支払いいただくことが難しい場合には、着手金を無料として、報酬金を上乗せさせていただくプランもご用意しております。
報酬金は、事件が終了したときに、得られた金銭について、一定の割合でお支払いいただく費用です。

ア 法律相談料

初回の法律相談(30分) 無料
2回目以降の法律相談   30分あたり5000円(税別)

イ 過払金返還請求

着手金          なし。ただし、訴訟を提起する場合は、1社あたり4万円(税別)
報酬金          得られた金銭の20%(税別)ただし、訴訟を提起して過払金を回収した場合は、25%(税別)